1回の植毛で密度50%!それでも満足する理由とは?

1回の植毛で密度50%!それでも満足する理由とは?

植毛の「密度」について、疑問や不安を抱えている人が多いようです。

 

当然ですね、一世一代の決断をしたのにスカスカの頭にされては泣くに泣けませんから…。

 

実際、人は1平方センチメートルあたりに何本の毛があるのか?

 

また、植毛する際には、1平方センチメートルあたりに何本移植すれば「満足」できるのか?

 

この辺の数字については、クリニックや専門家によって多少のずれがあります。

 

それらを調査した結果、もっとも妥当だと考えられる数字をまとめました。

 

人の頭皮1平方センチメートルあたりに生えている毛の本数は?

 

  • 約150〜200本

 

本数については個人差もありますが、おおよそ150本程度だと言われています。植毛的に言えば、「約60〜80グラフト」程度となります。

 

グラフトとは株の事であり、いわゆる毛穴ですね。

 

一つの毛穴から平均2本の髪の毛が生えているといわれます。つまり60グラフトなら平均120本の髪の毛ということです。

 

 

 

1回の植毛で移植できるグラフト数の「妥当」な密度は?

 

  • 上限として40グラフト程度

 

一般的に1平方センチメートルあたりに35グラフト以上の密度で植え付けをする場合を「高密度植毛」と呼びます。

 

ただし、植毛は高密度にすればするほど良いとは限りません。むしろ、濃すぎる密度は「不自然さを生む」と考えられています。

 

技術的にはもっと多くのグラフトを移植することは可能だと言われますが、移植したところで「※生着」しなければ全く意味がありません。

 

※生着…毛が根付くという意味

 

傷を負い、費用がかさむだけで、植毛の本来の目的(半永久的に髪が成長する)を遂げる事ができません。

 

一般的に「1平方センチメートルあたりに50グラフト以上を移植すると生着率が落ちる」と言われています。

 

密集して植えれば植えるほど、枯れてしまう植物と同じですね。

 

技術的には上限グラフト数は伸ばせても、目的が果たせない為に「1回の植毛における上限密度は40グラフト程度が妥当だ」と言われています。

 

 

 

植毛で満足できるグラフト数の密度は?

 

  • 40グラフト/平方センチメートル

 

1回の植毛では上限が40グラフト程度が妥当だと先述しました。

 

その40グラフトを移植した場合、人が本来持っている毛の「50%程度」にしかなりません。

 

「全然、足りない…」、そんな声が聞こえてきそうです。

 

50%しか毛の密度がないと聞くと、不自然でスカスカになっているのではないか…そう疑問を持ちがちですね。

 

しかし、実際には「最低でも50%程度の毛があれば他の部分とさして違いが分からない」という意見もあります。

 

「ほんと?」、私も疑いたくなりました。でも、本当にそういう意見が存在します。

 

植毛する人の頭髪状態もバラバラです…。

 

仮に、「毛がないツルツルの生え際に移植する場合」と「スカスカの状態ではあるが20%程度の毛が残っている生え際に移植する場合」…。

 

同じ「1平方センチメートルあたり40グラフトの移植」でも植毛後の密度に違いがでますね。

 

もともと20%生えているところに植毛して50%足せば、合計すると70%くらいになります。

 

毛がない生え際に50%分移植すれば、当然合計しても50%です。

 

実際に植毛を受ける人のうち、「1回の植毛で満足する人が半数以上おられる」そうです。

 

密度に関して、素人判断だと「最低でも80%くらいないと不自然になるのでは?」と考えがちです。私もそう考えていました。

 

むしろ薄毛で悩まされる私たちの気持ちからすると、100%越えでもいいくらいですね。

 

しかし実際には、1回で満足する患者さんがおられることからも、密度は思っているよりも必要ないということが分かります。

 

これに関しては、「移植するために採取する後頭部や側頭部の毛が太いことも、濃さを出す役割をしているのではないか」と考えられています。

 

 

 

植毛の密度については多数の意見があり、どの意見が正解なのか素人判断では難しいという現実があります。

 

グラフトの表記上の解釈などが違ったりする場合もあるため、一概に数字だけ見て判断するのは危険だったりします。

 

我々患者側からすれば、今回ご紹介した数字はあくまで目安として把握しておきましょう。

 

また、患者側の満足する基準という点についても、個人差がひどく影響します。

 

美容整形のように「もっともっと」と中毒のように変化を求め続けてしまう人も多いようです。

 

薄毛に対する溜まり溜まったコンプレックスが反動となって、植毛の密度を極限まで求めてしまう。

 

気持ちは分からないではないですが…。

 

こういった負のスパイラルに陥らないように、「自制心」をもって判断することも大切かと思います。

 

植毛すれば人生が変わるでしょう。

 

自分の髪を復活させて、新しい人生を楽しんでいる人もたくさんいます。

 

しかし、植毛さえすれば全て人生が良い方向に変わるわけではありません。

 

植毛によって人生にプラスの働きを持たせることが出来るかどうかは、見た目以外の部分にかかってくるのではないでしょうか?

 

最後に少し理屈っぽくなってしまいましたが…。

 

植毛には高額な費用が発生します。そして、基本的に元に戻せません。

 

比較的安全とはいえ外科手術でありますので、安易な決断は控えるべきかと思います。

 

あとはご自身が選ぶクリニックでの症例写真や実績、医師との相性や予算の都合など、総合的に加味した上で、植毛するのかしないのか判断されると良いでしょう。

自毛植毛費用