隔世遺伝はあながち嘘じゃない?そのメカニズムとは?

隔世遺伝はあながち嘘じゃない?そのメカニズムとは?

薄毛は隔世遺伝するという説があるものの、それを否定する説もあります。実際のところ祖父母が薄毛だからと言って必ず遺伝するわけではありませんが、その反面、隔世遺伝する可能性があるのも事実です。ここでは、隔世遺伝のメカニズムについて掘り下げていきます。

 

隔世遺伝する遺伝子は?

 

遺伝による薄毛は、アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子か5αリダクターゼの活性が高い遺伝子によって発症します。両方の遺伝子を受け継いでいれば、かなり高い確率でAGAが発症します。

 

どちらか一つの遺伝子だった場合は確率も低くなりますが、それでも生活習慣や体質などの影響によってAGAのリスクは高くなります。これらの遺伝子のうち、隔世遺伝すると言われているのはアンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子です。

 

誰から遺伝するの?

 

隔世遺伝する遺伝子は、実は母親からしか遺伝しません。アンドロゲン受容体の感度に作用する遺伝子は、女性が持つX染色体にあります。祖父が持つX染色体を母親が引き継ぎ、母親から祖父のX染色体が混ざった染色体を引き継ぐのが隔世遺伝のメカニズムです。

 

ちなみに、母親から引き継ぐといっても隔世遺伝ですから、母親が薄毛かどうかは関係ありません。母方の祖父や祖母の曽祖父が薄毛だった場合に遺伝する可能性があるので、心配な方は母方の親族の髪をチェックしてみましょう

 

遺伝しているか調べるには

 

隔世遺伝は100%ではないものの、少しでもリスクがあるならば早めに対策を立てておくのがベストです。薄毛の遺伝子を引き継いでいるかどうかは、AGA遺伝子検査を受ければ分かります。最近は自分でも検査出来るキットが販売されているので、手軽に薄毛のリスクを調べることができます。

 

ただし、検査は正しい方法で行わないと正確な結果が出ませんから、できればAGA専門クリニックなどで検査を受けてください。植毛を受ける場合なども、将来のAGAリスクを図る意味でも「AGA遺伝子検査」はお勧めです。タイミングを間違えると「離れ小島」を作ってしまうことになりかねません。

 

遺伝による薄毛は改善出来ないと思っている方も多いようですが、遺伝であっても脱毛を引き起こす要因を取り除けばいいのです。隔世遺伝の場合はアンドロゲン受容体にジヒドロテストステロンが結合することで薄毛が起こるので、ジヒドロテストステロンの生成を抑える治療で薄毛を改善していきましょう。

自毛植毛費用