円形脱毛症の部分に植毛しても生え続けるのか?

円形脱毛症の部分に植毛しても生え続けるのか?

円形脱毛症は基本的に時間とともに自然に治っていきますし、治療でも治すことは可能です。ですが体質や生活習慣によって治らない場合もあるので、植毛を検討するかもしれませんが、円形脱毛症の部分に植毛をして生え続けるのでしょうか。

 

円形脱毛症の本当の原因

 

円形脱毛症の原因は、今までは過度のストレスが主な原因と言われていましたが、最近は自己免疫疾患という説が主流になっています。何らかの要因によって免疫機能に異常が起こると、毛乳頭細胞などが異物と判断されてしまいます。

 

そのため免疫細胞が正常な毛乳頭細胞を攻撃してしまい、抜け毛が引き起こされると考えられているのです。ですのでセルフケアでは治せないことが多く、脱毛班が広がってしまったりするためケアしていても注意が必要です。

 

円形脱毛症の部分に植毛は可能?

 

植毛は免疫細胞に攻撃をされていない毛包を移植しますから、円形脱毛症の改善に効果が期待できます。ただ残念ながら、発症してからの期間が短い場合は、ほとんどのクリニックで植毛を断られてしまうのが実情です。

 

免疫疾患が治っていないと、健康な毛包を移植しても免疫細胞から攻撃を受けてしまいます。植毛は毛包が定着すれば成功ですから、攻撃を受けて定着しないのであればやる意味がありません。

 

そのため円形脱毛症の症状が出ているうちには、安全性が高い自毛植毛であってもクリニックでは施術してくれないのです。

 

円形脱毛症であっても植毛するには

 

クリニックで施術できないのであれば、植毛は諦めるしかないと思ってしまいますね。ですがある条件を満たしていれば円形脱毛症でも植毛できます。その条件とは円形脱毛症の治療を長年続けていても改善の見込みがないことです。

 

長年治療をして治らないのは、すでにその部位に毛包がなくなっていて、免疫細胞からの攻撃もないということです。この状態であれば、逆に植毛を勧められることもありますし、成功すれば生え続けるようになるかもしれません。

 

円形脱毛症は普通の脱毛症とは違います。まずは皮膚科で専門的な検査を受けて治療すること、その上でどうしても改善できない場合に植毛を検討するといいでしょう。

自毛植毛費用