電子タバコならAGAに影響しないのか?

電子タバコならAGAに影響しないのか?

喫煙は、AGAの原因の一つに挙げられるので、治療をしている方はもちろん予防のためにも禁煙が推奨されています。ではタバコよりも健康に良いと言われる「電子タバコ」ならAGAに影響しないのか、タバコによる髪の毛への影響も含めてチェックしましょう。

 

タバコで薄毛になる理由

 

髪の毛は毛乳頭細胞が分裂することで成長しますが、そのためには栄養素が欠かせません。毛包が元気でも、栄養が不足したら毛乳頭細胞の分裂は低下して抜け毛や健康な髪の成長が阻害されます

 

タバコに含まれるニコチンは、血管をぎゅっと収縮させる作用があるため、血液が流れにくくなります。さらにビタミンなど髪の成長に必要な栄養素を破壊してしまいます。つまり、タバコは毛乳頭細胞の分裂を滞らせるので、薄毛の原因となるのですね。

 

タバコによるAGAへの影響

 

AGAはジヒドロテストステロンが原因で起こる脱毛症です。そのため、一見タバコは関係ないように思えます。しかしタバコのニコチンが血行不良を引き起こすことで、ジヒドロテストステロンをサポートしてしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を活性化して、頭皮環境を悪化させるのですが、血行が悪くなるとさらに頭皮の状態は悪化します。ですのでタバコを吸うと、よりAGAが進行したり発症するリスクが高くなるのです。

 

電子タバコはAGAとは関係ないのか

 

電子タバコは、有害物質をできる限り取り除き、さらに加熱式にすることで受動喫煙の害も防げます。またタールも含まれていませんから、普通のタバコよりは発がん性リスクも軽減できます

 

しかし加熱式の電子タバコにはタバコの葉が使われています。タバコの葉にはニコチンが含まれていますから、電子タバコであってもニコチンは摂取してしまうのです。電子タバコにすればAGAには影響しない、ということはないので気をつけましょう

 

どんなに体に悪いと分かっていても、禁煙をするのは愛煙家にとってとても大変なことですね。最後にどうしても月並みな表現になってしまいますが、電子タバコであっても健康被害はゼロではありません。健康な体と髪の毛を失わないためにも禁煙を検討してみるのがおすすめです。

自毛植毛費用