抜け毛や薄毛の原因にはエストロゲンの減少が関連している

抜け毛や薄毛の原因にはエストロゲンの減少が関連している

ツヤツヤでフサフサの髪の毛は誰もが憧れるもの。「いつまでも健やかな髪でいたい」と思う方も多いのではないでしょうか。女性ホルモンであるエストロゲンにはコラーゲンの生成を促進させる働きがあります。コラーゲンは肌の弾力成分として有名ですが、毛髪の太さやコシにも関係しているため、健やかな髪の生成・維持にはエストロゲンの活発な働きがカギとなります。

 

ですが、女性ホルモンは年齢を重ねるに連れて分泌量が減少してしまうため、髪の毛が細くなる、ハリやツヤが失われる、抜け毛が目立つなどといった髪のトラブルが生じてしまいます。特に女性は更年期になると女性ホルモンの分泌量が極端に減ってしまうため、抜け毛が増え、一気に薄毛が進行してしまう場合もあります。

 

また、女性ホルモンの減少は男性ホルモンであるテストステロンの作用を優位にさせてしまうので、薄毛だけでなく体毛が濃くなる、ヒゲが生えるなどといった状態を招いてしまうこともあります。

 

エストロゲンは皮脂の分泌量を抑制し、髪の潤いを保つ作用もあるため髪の発達には欠くことができないもの。女性ホルモンは確かに年齢を重ねるに連れてその分泌量が減少していくものですが、大豆に含まれるイソフラボンには体内に入るとエストロゲンと同じ働きをする作用があるとされ、育毛や健康的な髪の維持に有効とされています。

 

薄毛は見た目年齢を大きく老けさせてしまいます。いつまでも美しい髪を保つためには適切なヘアケアとともに健康的な生活を心がけることが大切です。

自毛植毛費用