自毛植毛関連の訴訟トラブルとは?

自毛植毛関連の訴訟トラブルとは?

自毛植毛は日本だけではなく世界中で行われています。特に美容大国と言われるアメリカでは関心を持っている方が多く、一部の技術では日本の先を行っています。

 

しかし訴訟の国とも呼ばれるアメリカでは、それだけ自毛植毛のトラブルも多く、日本とは育毛業界の事情も異なっています。ここではこれから渡米して自毛植毛を受けようと思っている方のために、実際にアメリカで起こった育毛の訴訟トラブルを説明したいと思います。

 

アメリカは日本とは比べ物にならないくらい薬の開発が盛んでAGAの治療として使われるフィナステリドとミノキシジルはアメリカで作られました。このように美容に関しては貪欲なアメリカですが、それだけに薬品関連のトラブルは多いと言えます。

 

一部の悪質な業者の中には科学的な根拠のない育毛剤を販売している所も多く、違法性の高いものは訴訟になったケースもあります。

 

これに関しては日本も無関係ではなく、日本で認可されていない薬を輸入してトラブルに陥り、サポートを受けられない言うケースもあります。

 

またアメリカでは人工毛植毛は違法となっており、受けることができません。元々人工毛植毛は体に異物を入れる関係上拒絶反応がでやすく、健康にも悪影響を与える育毛法と言われていました。

 

しかし悪質な業者の中には患者にリスクを伝えず、粗悪な技術と素材を使って頭皮に大ダメージを与えたケースが多く存在します。健康を害された患者は当然、クリニックを訴え大きな訴訟トラブルになったことからアメリカでは人工毛植毛は違法となりました。

 

このような自毛植毛のトラブルは対岸の火事ではなく、日本でも起こりうるため気を付けましょう。

自毛植毛費用