自毛植毛の失敗例や失敗談

自毛植毛の失敗例や失敗談

自毛植毛とは将来的にあまり薄毛になりにくい、後頭部辺りの毛(毛包)を切り取ったり、吸い取ったりして薄毛が進行した部分に移す、移植手術です。自分の細胞(毛包)を使うため、炎症などはほとんど起きることもありません。後頭部から毛包を移す際に必ず、その部分に傷が残ります。

 

FUT方式と言われる、ドナーとして毛包摂取のため皮膚の一部を切り取る場合は、その部分を縫い合わせるので、一本の線状の傷が残ります。通常は1〜2ミリくらいの細い線状になっていて、髪を刈り上げても傷がほとんど見えないのですが、この傷が大きくなり幅が1センチ弱になってしまっている人がいます。

 

医師の熟練度によっては、このように傷跡が残ってしまう場合があるので、自毛植毛クリニックを選ぶ場合は経験の多い医師がいるところを捜すのがポイントですね。またケロイド体質の人は元々傷が残りやすいので事前に医師に伝えたほうが良いですね。

 

また毛包摂取の方法でFUE方式があります。これは後頭部から1o以下の円柱状の専用器具を使い毛包を摂取する方法です。このFUE方式の傷跡自体は小さい円状のものなので、ほとんどわかりません。

 

ただ、もともと後頭部あたりの髪の毛の密度が荒い人が多量の移植を望まれた場合、手術後(毛包摂取後)に後頭部の毛量が以前よりも荒くなり、毛量が減ったよう感じる場合があります。

 

FUT方式、FUE方式共にメリット、デメリットがあります。どちらの方式が自分には合っているかどうかの判断は難しいです。クリニックの担当医師とよく話し合うことが失敗しないポイントですね。自毛植毛で移植した髪の毛は移したその場所で今後ずっと生え続け(生え変わり)ます。もちろんその為の手術なのですが、これがデメリットになる場合があります。

 

自毛植毛の相談を受ける場合によくあるのが、生え際だけを増やしたい、移植したい人がいます。もちろん生え際だけを手術する場合はよくあります。問題なのは特に若い年代の場合、今後薄毛が進行する可能性があることです。

 

生え際だけを自毛植毛で増やして、その後薄毛が進行してしまった場合、生え際だけに毛が残ってしまい、バランスが悪くなってしまうことが起きうります。将来のことも考えて手術を受ける必要があるので、やはりよく担当医師に相談されることを勧めします。

自毛植毛費用