AGA治療は性欲減退の副作用がある?

AGA治療は性欲減退の副作用がある?

AGA治療で心配されるのは、治療薬の副作用です。効き目が強いものほどどうしても副作用は起きてしまいがちですが、その中でも性欲減退が心配されます。実際にAGA治療を行って性欲減退を実感したという人は多いものです。

 

特に性欲減退があるのはプロペシアです。プロペシアは元々高血圧の治療薬として用いられていたのですが、発毛作用が発見されたことによりAGA治療にも用いるようになりました。高血圧に効く作用がED(勃起不全)を引き起こしてしまうのではと考えられています。

 

また、男性ホルモンに作用するから性欲減退が起きるのではと考えられていますが、DHTに変換されないように働きかけるだけで決して男性ホルモンが減るわけではありません。副作用の出方には個人差もあるので、飲み始めは性欲減退があっても、少しずつ体が慣れてきて何ともなくなったという人もいます。

 

しかし、EDは深刻な症状なので、もし副作用の症状が強過ぎて辛いという場合には一刻も早く医師に相談しましょう。今のところプロペシアと同様の効果がある代替薬は他にないので、それが使えないのは厳しいものがあります。でもガイドラインでAランクに該当するのはミノキシジルもあります。ランクは下がりますが他にもAGA治療法は存在します。

 

他にも胸やけやむくみなどの副作用に悩まされる人もいるので、少しでも異変を感じたら必ず医師に相談をしましょう。内服薬は飲み合わせにも注意しなくてはいけないので、高血圧治療中の人も要注意です。

自毛植毛費用