ロボットによる自毛植毛の特徴やメリットデメリット

ロボットによる自毛植毛の特徴やメリットデメリット

進行したAGA

医療は日々進歩しています。次々と新しい、医療技術が生まれています。それに伴い、医療機械もどんどんと進歩しています。毛髪再生の現場でも機械(ロボット)の進出が目立ってきています。

 

自毛植毛手術には必ず、患者さん自身の毛包が必要になります。この毛包をドナーとして切り取る方法をFUT方式といいますが、まだこの方式ではロボットの導入はありません。

 

ドナーの切り取り作業とその後の縫合処理、ドナーにある毛包をグラフト(株)に分ける作業は全て手作業になります。その後グラフトを頭皮に植え付ける作業も手作業になります。

 

切らずに(メスを使わないで)できる自毛植毛、といった宣伝を最近よくインターネット上などで目にすると思います。これは毛包を小さくとても細かな筒状のもので、くり抜くようにして取り出すFUE方式になります。

 

このFUE方式ではロボットの導入が目立ってきています。頭皮から毛包をくり抜く作業をロボットに任せるのです。FUE方式では、このくり抜かれた毛包がグラフトになります。

 

以前にはFUE方式の一種で毛包を取り出す作業から、頭皮に植えつける作業の全てをロボットもありましたが、最近はあまり見かけません。これはロボットによる植え付けの失敗で起きてしまう生着率の低下が問題になった為です。

 

現在では、毛包を取り出してグラフトを作る作業までをロボットが行い、その後の植え付けは手作業で行っています。

 

人間の手作業にはどうしても熟練度の差が出てしまいます。熟練度があまり無いと、毛包を術中に破損、切断してしまう割合が増えてしまい、このように毛包に傷がついてしまうとせっかく植え付けても新しい毛が生えてこない場合があります。

 

ロボットを導入することで、この技術の熟練度の差は無くなり、いつでも正確に毛包を摂取することが可能になります。また熟練度の差は作業時間にも影響があります。移植手術では作業時間がとても大切です。

 

時間が掛り過ぎると、摂取した毛包(毛母細胞)にも悪影響が出てしまいます。ロボットの導入で一定した作業時間が約束されます。

 

もちろん良いことばかりでは無くデメリットも考えられます。毛包の生存率のデータではFUT方式(切り取るタイプ)の方がFUE方式(くり抜くタイプ)よりも高いと言われています。これはFUT方式でグラフトを作る作業では、一つ一つ頭皮下の毛包を目で確認しながら手作業でグラフトを作っていっくので、毛包を傷つけにくいためです。

 

グラフトをつくる作業を行う人に聞くと、頭皮下の毛包は色々な方向になっているので、表面からはその角度を知ることは難しいと言います。高性能なロボットでも、まだまだ完全に表面から毛包の角度まではわからないで、くり抜く際に毛包に傷を付けてしまう可能性があります。

 

植毛の世界でも、ロボットの導入が目立ってきています。これにより、作業技術と作業時間の安定化ができます。ただまだまだFUT方式(切り取るタイプ)でのグラフトの生存率よりも、若干ですが毛包を傷つけてしまう割合が高くなっています。医療技術の進歩はとても早いので、もう少しすれば、作業時間ももっと早くなり、毛包の生存率も高いロボットが出て来るのでしょうね。

自毛植毛費用