未成年(高校生・大学生)の自毛植毛は可能か?

未成年(高校生・大学生)の自毛植毛は可能か?

AGA症状は早い方であれば10代後半から発症することもあるため、自毛植毛でAGA問題を解決したいと考える方もいるかもしれません。

 

では未成年でも自毛植毛できるのか、また未成年者が自毛植毛する際の注意点をまとめていますので参考にしていただければ幸いです。

 

未成年でも自毛植毛は可能か

 

結論から言えば、未成年でも自毛植毛は可能ですが、親の承諾書が必要になります。未成年の薄毛の症状は、男性型脱毛症なのか、また植毛が本当に必要な状態なのか確認しなければなりません。

 

遺伝の可能性も十分に考えられますが、薄毛だからと言って原因の全てがAGAというわけではなく、ストレスなどの一時的な要素の可能性もあるからです。

 

自毛植毛は治療費も高額になりますし、コストだけではなく身体に与える影響を考えると、未成年の場合大人よりも慎重に判断する必要があります。

 

これからまだ成長する時期でもありますので、医師は本当に自毛植毛が必要なのか慎重に決定します。未成年の場合は、大人に比べてより多くの要素を考えて決定しなければなりません。

 

未成年の場合に考慮すべき点

 

未成年は成長が活発な時期であるため、どのように症状が進行していくのか予想が付きにくいものです。そのため将来症状が改善する可能性も含めながら、自毛植毛を考慮しなければなりません。

 

少しずつ薄毛が進行していても、実は自毛植毛が必要なほどではない事も十分考えられるでしょう。例えば20代、30代と年齢が進むにつれて、症状が改善しなくても、悪化はしない事もあります。

 

実際に何歳になればAGAなのか判断できるのかは難しい問題ですが、20代後半までは、自毛植毛以外の方法を試す事が一般的です。

 

さらに考慮しておきたい点は、自毛植毛をした事が友達に知られると、植毛が原因でいじめられる可能性がある事です。若い時は、ちょっとした変化でいじめが起きることもあるので、注意が必要でしょう。

 

未成年でも自毛植毛を勧められる方

 

未成年の内に重度のAGAを発症しているのであれば、自毛植毛は良い治療法と言えます。ドナーがまだある間に、自分の髪の毛を使い、植毛をすれば症状の改善を図れます。

 

また生まれつき薄毛や、M字脱毛に悩まされているのであれば、自毛植毛も治療の方法として良いでしょう

 

頭部に火傷などの傷を負っている方は、確実に自毛植毛を勧められる方です。傷を負っている場合には、頭皮の毛根が破壊されているため、再度毛根を植える自毛植毛が有効と言われています。

 

未成年であるため多くの点を考慮する必要がありますが、自毛植毛は治療法として考慮できるでしょう。本当にAGAなのかどうか確認するため、普段の生活習慣などを見直してみるのも良いことです。症状が改善しないのであれば、自毛植毛をする必要があるのか、クリニックの意見を参考にできるでしょう。

自毛植毛費用