自毛植毛でできたかさぶたの対処法

自毛植毛でできたかさぶたの対処法

自毛植毛を受けた後、大切なのがケアをすることです。自毛植毛は手術後のケアによって頭皮の荒れや移植した毛根の健康状態が変わってくるため正しいケアが必要となります。ここでは自毛植毛の後、特に気を付けなければならないかさぶたのケア方法について説明したいと思います。

 

カサブタが気になるため帽子などで隠そうとする方もいらっしゃると思われます。特に仕事柄人と接することの多い営業職の方はこの傾向にあり、かさぶたが気になってしょうがないと思われます。

 

しかし手術後3日は帽子やヘルメットで頭を覆うと手術跡に悪影響を与えるため気を付けましょう。3日後くらいから帽子を被っても大丈夫ですが、手術後2週間くらいまでは帽子を被った際に擦って刺激を与えないように気を付けましょう。

 

手術後3〜4日までは褐色のかさぶたが気になると思われますが、手術跡がある程度落ち着くまでは触らないようにしましょう。自毛植毛3日後くらいからはシャンプーで頭皮を洗えば普通にかさぶたも剥がれるため自然に剥がれるのを待つといいでしょう。大体10日から2週間ほどでかさぶたは完全に取れます。

 

高齢の方は少し時間がかかるかもしれませんが、無理矢理とると頭皮にダメージが残ります。弱った頭皮は出来物や化膿の原因にもなり、育毛を阻害することもあるため自然に取れるのを待ちましょう。余りにかさぶたが取れず違和感やかゆみを感じたら、なるべく早めに自毛植毛を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

自毛植毛費用