人工毛植毛を勧められる人の特徴

人工毛植毛を勧められる人の特徴

植毛の最終手段として人工毛植毛を検討できますが、人工毛植毛は全ての人に勧められるわけではなりません。どのような人に勧められる治療なのか特徴をまとめていますので、治療法の選択の参考になさってください。

 

人工毛植毛の特徴

 

人工毛植毛は化学繊維を髪の毛のように加工し、髪を生やしたい部分に植える事で毛髪を増やします。自毛植毛とは異なり、人工毛であるため植毛する本数に限界がないのが特徴で、自分が植毛したいだけ植えることも可能です。

 

日本皮膚科学会では、あまり勧められていない治療法であるため、他のAGA治療を先に検討できるでしょう。しかし他のどの方法を試してもうまくいかなかった方は、人工毛植毛を最後の手段として検討できます。

 

人工毛植毛であれば自毛植毛の結果が良くなかったとしても、髪の毛を植えられるのがメリットですが、デメリットも考慮しておく必要もあります。

 

人工毛植毛にかかる費用は?

 

人工毛植毛を行う場合、自毛植毛とほぼ同じ費用がかかると言われており、1000本の人工毛を移植する場合、おおよそ25万円必要になります。

 

しかし移植費用が同じだったとしても、人工毛植毛には定期的にメンテナンスしなくてはいけません。半年から1年に1回メンテナンスをすることで、不自然な髪形にならないように維持できます。

 

メンテナンスにかかる費用が大きな負担にならないなら、人工毛植毛の施術を考慮できるでしょう。

 

人工毛植毛のメリットとデメリットを考える

 

人工毛植毛には、希望する髪の長さや色、髪型を選べるという特徴があります。また自毛植毛の場合、移植した毛髪が生えそろうまで時間がかかりますが、人工毛であれば即効性があるため、普段通りの生活にすぐ戻ることもできます

 

考慮すべきデメリットとしては、人工毛を植毛した部分から雑菌が入り感染症になる可能性がある点です。これは人工の物を移植するデメリットなので、どの植毛方法にするのか決定をする前にリスクを考慮しておくと良いでしょう。

 

結局人工毛植毛は勧められるの?

 

人工毛植毛は他のAGA治療を選択できない場合に、お勧めできる方法です。自分の理想の髪型がある場合、希望の髪型を作り出せる人工毛植毛は選択肢に入るかもしれません。

 

しかし他のAGA治療をまだ試していないのであれば、まず他のAGA治療法を試してから、人工毛植毛について検討できます。

 

他のAGA治療では効果が出なかった方でも、人工毛植毛で薄毛の悩みを解決できるかもしれません。しかし人工毛植毛ならではのメリットとデメリットがありますので、良く考慮すると後で後悔しない良い決定ができます。

自毛植毛費用