IPS細胞と自毛植毛の併せ技による治療が噂される理由とは?

IPS細胞と自毛植毛の併せ技による治療が噂される理由とは?

最近ではIPS細胞と自毛植毛の併せ技による薄毛の治療が噂されています。IPS細胞はニュースなどでよく聞く言葉ですが、なぜIPS細胞と自毛植毛を組み合わせるという治療法が噂されるようになったのか、その理由を見てみましょう。

 

IPS細胞と薄毛治療の関係

 

実はIPS細胞と薄毛治療には大きな関係があります。というのもIPS細胞を使ったいわゆる再生医療の1つとして、薄毛治療の分野がとても注目されていて、すでにその研究が始まっているからです。

 

たとえば2013年には日本の大学が、IPS細胞を使って毛包を部分的に再現する実験に成功しています。毛包は髪の毛が生えてくるために必要なもので、その毛包を再現させることができるということは、新しい髪の毛が生えてくることにつながります。

 

さらには髪の毛を生やすための再生医療を活用した製品の開発も国内で始まっており、再生医療と薄毛治療はとても身近な関係にあるのです。現在のところはまだまだ研究段階ではありますが、近い将来IPS細胞が薄毛治療に積極的に活用される日がくると考えられています。

 

自毛植毛との併せ技とは

 

上記で紹介したようにIPS細胞を使った薄毛治療は実用的な技術とは言えない状態です。現在一般的な薄毛治療というと自毛植毛で、これは自分の毛を毛の薄いところに移植し、それによって薄毛をカバーする方法です。

 

非常に便利な方法ではありますが、移植するために手間がかかるなどの欠点があるのも事実で、それを補うためにIPS細胞を活用しようと考えているわけです。この両方の治療法を併せることで、よりしっかりとした薄毛治療ができるだろうと期待されています。

 

いつ頃実現するのか?

 

こうしたIPS細胞と自毛植毛の併せ技による薄毛治療が噂されているのは、そう遠くない将来にこの技術が確立されるからではないか、そう予測されているからです。

 

具体的には2020年代を目安にIPS細胞による薄毛治療を実用させようと努力している企業もあり、ごく近い将来には薄毛治療にIPS細胞が活躍する可能性が十分にあります。

 

現実的に実現しそうだからこそ、こうした話が噂として広まっているわけです。薄毛に悩む人の数は非常に多く、これはマーケットが大きいことも意味しています。

 

その意味でもこの分野の研究を進めるメリットはあり、私達にとっても新しい薄毛治療の方法が誕生すればそれは大きなメリットになります。

 

IPS細胞はさまざまな分野で期待されていますが、薄毛治療においても同様です。今後はIPS細胞を使うことで今まで以上に薄毛を治療しやすくなるかもしれません。

自毛植毛費用