自毛植毛の後に離れ小島ができたら

自毛植毛の後に離れ小島ができたら

部分的に薄毛が進行し、離れてみるとそこだけぽっかり空いてる事から、部分的な薄毛の事を離れ小島と呼びます。自毛植毛をした場合、植毛した部分の毛包は性質が違うため周囲の影響を受けず一生生え続けます。

 

これが自毛植毛のメリットですが、生え続ける部分と抜けて行く部分は数年経つと大きな差が表れます。この差によって離れ小島ができるケースがあり、自毛植毛をした人の新たな悩みとして多くの人を悩ませています。

 

基本的な対応としては薄毛の原因を特定し、対応します。男性の場合、頭頂部から額の生え際に掛けて男性ホルモンに関連する酵素の働きが関連で、これが原因で育毛が阻害されます。

 

この酵素の働きで頭頂部の毛根が死滅した場合は、再び期間を置いてから自毛植毛を行い、離れ小島に違和感がないように全体的にバランス調整しましょう。また酵素の働きは普段の生活や飲酒、喫煙、ストレスも関連してくるため生活習慣の見直しも併せて行うと効果的です。

 

他の原因としてはストレスによるAGAなど病気や体質に関するものも存在します。この場合、自毛植毛を場当たり的に行うのではなく効果的な治療を行い、薄毛の原因を根本から解決しましょう。

 

最近はAGAに効果的な治療薬も開発され、一昔前に比べAGAは病気として認知されているため薄毛の問題にもそれほど深刻になる必要はありません。このように自毛植毛後の薄毛でお悩みの方は、原因を特定するためにもまずはクリニックに相談してみるといいでしょう。

自毛植毛費用