学会が推奨するAGA治療法とは

学会が推奨するAGA治療法とは

市販薬を使ったものや民間療法などAGAに良いと言われている方法はたくさんありますが、AGA治療は医療機関で受けるのが一番安心です。しかし、医師にもAGAに対しての知識が乏しい人がいるのも事実です。そこで日本皮膚科学会は2010年4月に、AGA治療に関するガイドラインを発表しました。

 

学会で定めたガイドラインには、AGA治療の指針をランク別に評価しています。最も強く勧められるAGA治療法は推奨ランクがAで、B、C1、C2、Dの5段階に分けています。Dランクは「行わないよう勧められる」に当てはまります。

 

ではどのような治療法が学会では推奨しているのでしょうか?AランクにはAGAとFAGAへのミノキシジルの外用、AGAへのフィナステリド内服があります。

 

注目したいのはAGA治療としてフィナステリド内服は強く勧められるのに、FAGAに対してはDランクです。女性と男性では薄毛の原因が異なるから、同じ薬でも効果の出方も違うのでしょう。

 

AGA治療といえばプロペシアの内服も非常に有名です。プロペシアとはDHTの生成を抑制する働きのあるフィナステリドを配合した錠剤なので、ガイドラインでもAランクに該当します。

 

クリニックの治療方針によってはプロペシアの内服とミノキシジルの外用の両方を行うこともあります。もちろんガイドライン以外の治療法でも全く効き目がないというわけではありませんが、クリニック選びや治療法選択のときにはひとつの目安にするといいでしょう。

自毛植毛費用