自毛植毛のfue法とは?

自毛植毛のfue法とは?

fue法とは、切らない自毛植毛の手法の一つです。fue法は正式名称をFollicular Unit Extraction 法と言い、「パンチ」と呼ばれる機械を使ってドナーから移植する毛根の細胞を採集します。

 

メスを使わず行うことができる自毛植毛の手法であるため、骨格の関係上通常の方法では採集が難しい人でも行うことができます。

 

また「パンチ」を使えば切ったり、縫ったりする手間がないため傷跡が目立ちにくく、患者への負担も最低限に済ますことができるのもメリットとなっています。

 

ただし、「パンチ」を使うと米粒状の白い傷跡が残るため、広範囲の植毛を行うと傷跡が広範囲に残ってしまいます。このため広範囲の植毛には適しておらず、植える本数が少ない方などにオススメの方法となっています。

 

また「パンチ」は手軽にできる自毛植毛の手法ですが、執刀医の腕が問われる手法でもあります。「パンチ」で採集した場合、毛根を傷つけて使い物にならなくするドナーロスが起こりやすくなっています。

 

ドナーロスが起こりやすいと言う意味でも大量の植毛には適しておらず、少量の植毛に置いて最も力を発揮する手法となっています。ただし、熟練の執刀医ならばドナーロスを減らすことができるため、事前に執刀医の実績などを調べて受けるのもいいでしょう。

 

また自分にfue法が向いているのか分からない場合は、お近くのクリニック、病院で相談してみましょう。アイランドタワークリニックでは無料カウンセリングを行っているため、お気軽に相談してみるのもいいでしょう。

自毛植毛費用