自毛植毛をするとぶつぶつができる?

自毛植毛をするとぶつぶつができる?

自毛植毛は手術後のケアも重要です。健全な育毛環境を守るためにも、ここでは自毛植毛の育毛ケアについて説明したいと思います。

 

自毛植毛は頭皮から毛包を採取する関係上、どうしても頭皮に負担を掛けてしまいます。FUT法と呼ばれる頭皮を切除する方法では、手術跡が残り、術後もケアが必要です。頭皮の傷跡はケアを怠るとぶつぶつができ、炎症を起こすこともあります。

 

特にFUT法は時間がかかる上に執刀医の技術が反映され、腕の悪い執刀医に当たった場合、手術跡にひどい凹凸感が残り、ぶつぶつができやすくなります。多少のぶつぶつなら問題ありませんが、1ヶ月ほど経っても痛み、痒みがあったり、ぶつぶつから膿が出てきたりすると抗生物質の投与が必要になります。

 

悪化すると頭皮に甚大なダメージを与える為、異常を感じたら早めにクリニックに相談しましょう。このような失敗をしないためにも自毛植毛をする際には、執刀医の実績を調べ、なるべく質の高い手術を受けるようにしましょう。

 

基本的に自毛植毛の手術後は頭皮に刺激を与えないことが重要となります。シャンプーは手術当日はせず、運動や飲酒も控えるようにしましょう。またヘルメットや帽子をする際には、長時間すると蒸れて雑菌が繁殖する為、術後1週間は避け、その後も定期的に外し頭皮に刺激を与えないように気を付けましょう。

 

このように自毛植毛の手術後はなるべく刺激を与えず、異常を感じたらすぐに相談するようにしましょう。

自毛植毛費用