アトピー性皮膚炎で頭皮も荒れていますが、植毛は可能でしょうか?

アトピー性皮膚炎で頭皮も荒れていますが、植毛は可能でしょうか?

子供に発症するイメージが強いアトピー性皮膚炎ですが、大人になってから発症する場合もあるのです。特に毎日のスタイリングやシャンプーによるダメージを受け続ける頭皮は発症しやすくなっています。そのせいで薄毛になる方も増えていますが、植毛は可能なのでしょうか。

 

アトピー性皮膚炎で脱毛が起こる理由

 

アトピー性皮膚炎は、何らかの原因で免疫機能に異常が起こり、少しの刺激でもアレルギー症状が発症します。アレルギー症状が起こると頭皮が荒れてしまいます。頭皮は髪を成長させる土台ですから、頭皮環境が悪化すると抜け毛が増えてしまうのです。

 

またアトピー性皮膚炎になると、皮膚が乾燥して皮脂が過剰分泌されます。そのため毛穴に皮脂汚れが詰まり環境が悪化する悪循環が起こり、脱毛が進行していきます。

 

アトピー性皮膚炎の薄毛対策にはどんなものがある?

 

アトピー性皮膚炎で薄毛になった場合、疾患を治療して発毛機能を正常化させることが一番の対策になります。しかしアトピー性皮膚炎はすでに頭皮が荒れているため、治療をしても直ぐに治るものではありません。

 

また治療といっても、基本的には症状を緩和する対処療法になるので、皮膚科の治療では薄毛を改善するのは難しいでしょう。

 

頭皮が荒れていても植毛は可能?

 

残念ながら植毛は頭皮が荒れている状態ではできません。植毛は頭皮にメスを入れたり、特殊なパンチで穴を開けて行いますから、頭皮に異常がない状態でないと施術できないのです。

 

ただしアトピー性皮膚炎でも頭皮が荒れていなければ植毛は可能です。また荒れていても状態によっては手術できるので、まずはクリニックで診察してもらいましょう。

 

アトピー性皮膚炎でも植毛して大丈夫?

 

アトピー性皮膚炎は刺激によって症状が発症することが多いので、植毛による刺激が心配かもしれません。しかしアレルギー症状というのは主に皮膚に異物が付着する刺激によって起こります。

 

物理的な刺激でアレルギーが発症したり、頭皮環境が悪化することはほとんどありません。また今までの症例でも、植毛をしたせいで症状が悪化したという報告はないので安心してください。

 

アトピー性皮膚炎でも植毛は可能ですが、執刀には頭皮の状態が大きく関わってきます。ですが植毛できるかどうかの判断は医師しかできないので、クリニックのカウンセリングを受けましょう。

自毛植毛費用