アメリカでの自毛植毛の扱い

アメリカでの自毛植毛の扱い

薄毛、脱毛の悩みは海を越えてアメリカでも存在します。アメリカは日本よりも薬品などの認可が早いため、育毛剤や頭皮のケア商品が日本よりも数多く出回っています。

 

円形脱毛症の治療薬として名高い「ミノキシジル」や「フィナステリド」もアメリカ発祥の薬で、薬に関しては日本よりも先に行っていると言われています。

 

しかし日本では認可の関係上出回っていない薬品が多いと言う事は、それだけ強すぎて逆効果になったり、悪質な粗悪品も出回っている状態でもあります。数ある育毛剤の中から自分に合った薬を選ぶのは難しく、症状を悪化させる人間も珍しくありません。

 

そんな中、安全且つ短期間で効果が出るとしてアメリカで薄毛対策として注目されているのが自毛植毛です。自らの体の毛の細胞を移植して育毛する自毛植毛は拒絶反応が出ることもなく、薬に頼らないため体に優しいため安心して受けられると人気が出ています。

 

また薬と違い、効果を実感することができるため、いつまでも効果の出ない薬を大金で掴まされるような事もありません。自毛植毛は一回のコストが薬よりも圧倒的に高いですが、一度行えば薬のように継続して出費することもないため結果的に安くなるのも人気の秘密となっています。

 

このように薬よりも効果を実感でき、ランニングコストの掛からない自毛植毛は現在ではアメリカで育毛法の主流と言う地位を築き上げる程になっています。大がかりな手術も必要なく、当日日帰りできる手軽さもあり、アメリカでも自毛植毛手術を受けている人は増えています。

自毛植毛費用