生え際に自毛植毛した後、何か月くらいでオールバックにできるのか?

生え際に自毛植毛した後、何か月くらいでオールバックにできるのか?

生え際に自毛植毛した後、オールバックにできるまでは何ヶ月くらいの期間が必要なのでしょうか。オールバックをはじめとして、自由な髪型を楽しむためにもこの点が気になるという方は多いと思うのですが詳しく見ていきましょう。

 

髪が生え揃うのはおよそ半年後

 

個人差もあるため一概には言えないのですが、一般的に自毛植毛の後、薄毛だった部分に髪が生え揃うのは半年後くらいだと言われています。

 

オールバックにするにしてもまずは髪が生え揃わないといけませんから、少なくとも半年、つまり6ヶ月は待たなければいけない計算になります。

 

もちろんもっと早く生え揃う方もいますから、必ず6ヶ月待たなければいけない訳ではありませんが、おおよその目安としてまずは6ヶ月という数字を覚えておくといいでしょう。

 

また、薄毛の進行具合によっても変わってきます。まだまだ初期の薄毛の段階で自毛植毛をしたならそれだけ早くオールバックにできるようになるでしょうし、ある程度進行してしまっていたなら時間もかかります。

 

オールバックにできるまで

 

髪が生え揃ってもオールバックにできるとは限りません。まだまだ髪が短いなどする場合は、さらに待たなければいけないわけです。オールバックは比較的髪が短い段階からでもできる髪型ではありますが、やはり好みがありますし、長い髪の毛をオールバックにしたいという方もいるでしょう。

 

この場合、1年くらいは待たなければいけない可能性もあります。おおよそで言うと半年から1年がオールバックに必要な期間となるでしょうか。

 

先ほども紹介したように個人差も大きいので難しいところではありますが、少なくとも自毛植毛を終えた直後からすぐにオールバックにするというのは難しいと考えましょう。他の髪型も含めて、髪型を自由に楽しめるようになるまではどうしても時間が必要です。

 

早めの決断を

 

自毛植毛をするタイミングが遅くなればなるほど、薄毛は進行していきます。薄毛が進行すれば自毛植毛をしても髪が生え揃うまでに時間がかかり、オールバックにできるまでの期間も伸びていきます。

 

このことを考えると、自毛植毛はなるべく早いタイミングで受けた方が後のことを考えても良いのです。薄毛を放置していても改善されることは少なく、なんらかの対応が求められます。早期に薄毛を解消して、自分のしたい髪型にするためにも自毛植毛するかどうかの決断は早い方がいいでしょう。

 

オールバックにする場合、少なくても半年ほどの時間が必要です。すぐにというわけではありませんが、自毛植毛すれば理想の髪型にすることも可能ですので、まずは自毛植毛で薄毛を解消することを目指しましょう。

自毛植毛費用